テールゲートリフト リフトマン LC/LD/LE型

国産製造モデルでは最大のリフト能力2500kgを実現。

4本のシリンダーにて荷重を受けるので安全でスムーズな荷役作業が行えます。 テールゲートリフト 4本シリンダ+2段機構により、精密機器なども安全かつスムーズな荷役を実現
 

リフトマン動作システム

- 昇降・チルト - - 首振り傾斜 -

リフトマン LC / LD / LE型 の特長

  • 4本のシリンダー+2段機構にて安全かつスムーズな動作で荷役作業ができます。
  • スイッチ切換えで、自動水平モードと任意水平モードが選択できます。
  • 4t車から大型車の25t車まで、架装対応する車種が豊富です。
  • リフトマンシリーズではリフト能力1500kgから2500kgの製品を用意し、プレート延長2000mm以上も対応可能。
  • プレートは樹脂ローラーから床面に接地するので、納入先でのお客様の床面への傷をつけることを防止します。
  • 近年では車体安定ジャッキとのオプション組み合わせにて、荷役作業の品質向上にお役立てできます。
    (装置型式指定取得:Eマークに対応した突入防止装置対応品です。)
 
自動水平機能 ■自動水平機能プレート内蔵の水平センターで プレートは自動で水平を保ちます。 スイッチ操作で任意の角度でも 使用できます。 低騒音BOXユニット ■低騒音BOXユニット振動吸収リングと吸収材の適用で 低騒音を実現しました。3点スイッチとトグルスイッチ、どちらのスイッチでも操作することができます。3点スイッチは、引き出して遠隔操作を行ったり、マグネットで鉄部分に固定することもできます。
安全器(ヒューズ付) ■安全器(ヒューズ付)ヒューズ付き安全器をバッテリーの近くに配置しました。リフトを使用しない時、運転席内のスイッチを切ることにより電源が遮断され、いたずら防止に役立ちます。またヒューズが付いているため安全です。 キャスターストッパー ■キャスターストッパーアルミプレートには、一体式の 足踏式キャスターストッパーを 標準設定(スチールプレートはオプション) ストッパーは分割式・分割連動式を オプションで選択できます。
 

LC・LD型主要諸元表

項目 型式
LC LD LE
最大リフト能力 1500kg 2000kg 2500kg
適用車種 4t車以上大型車
上昇・下降時間 約20~30秒
操作方法 リモートコントロール+トグルスイッチ
開閉装置 自動開閉
バッテリー電動式 DC24V
最小~最大床面高さ 積載時900mm~空車時1420mm
推定自重(kg) スチール 約525
アルミ 約465
プレート寸法 スチール 巾2000~2440mm x 長さ1520mm 巾2000~2440mm x長さ1520mm(オプション:2000mm)
アルミ 巾2000~2440mm x 長さ1500mm 巾2000~2440mm x長さ1500mm(オプション:2000mm)
プレート先端 自動ティルト
キャスターストッパー有効寸法積載能力表 LC 能力表 LD 能力表
  リフトゲートのカタログダウンロード テールゲートリフトの問い合わせ

[ 製品一覧へ戻る ]